© NTD | 8分 | 短編ドキュメンタリー

「おぞましい」「人道に対する犯罪」と言われている。 中国の強制臓器収奪の疑惑は2006年に浮上。 2006. 以降、この疑惑を裏付けする証拠が山のように現れ、疑惑を遥かに超えた実態が明らかにされる。

良心の囚人(無実の人々)ー 特に法輪功学習者 ー が臓器のために殺害されている。

.1999年以来、効果的な臓器提供制度が欠如しているにもかかわらず、 中国の臓器移植センターの数はわずか8年で3倍に膨れ上がった。 1999年、中国政権による精神修養法である法輪功の学習者への迫害が始まる。数十万人が強制労働所に送り込まれる。 その多くは二度と戻らなかった。

移植医療は救命のために発展してきた。 しかし、中国では臓器のために無実の人々が殺害され、臓器が利潤のために売られている。

医師、議員、国際的な政治家、人権弁護士、ジャーナリスト、世界の人々が、強制臓器狩りについての認識を高めようとしている。

もっと学ぶ: 強制臓器収奪

Youtube | Vimeo で見る