“天安門” での抗議

オーストラリア、メルボルンの屋根の配管工とその母親、そして元オリンピック選手が、北京の天安門広場の中心に滑り込んだ。中国共産党政権の下での法輪功への迫害・拷問に抗議する人々に加わったのだ。法輪功は佛家の伝統に根ざした精神修養法であり、修煉者は、真・善・忍の理念に沿って生きようとするために犯罪者として扱われている。

勇気ある10年の歩み:エピソード1 ー 中国を永遠に変えた抗議

1999年、4月25日、1万人の法輪功修煉者が北京の陳情局に集まり、修煉者への嫌がらせ、法輪功書籍の発行制限、 違法に拘束された修煉者の釈放を求めた。 集まりは穏やかで秩序あるものだった。 中共はこの集まりに関して、メディアを通して法輪功が政府の中枢機関を「包囲」したと誤報させ、中国内外の法輪功が「政治的」であるというい概念を植え付けた。

通りの向かいの キャンドルライト| 語り継がれる伝説

ロンドンのオックスフォード ストリートの近くに、静かなポートランドプレイスがある。 多くの大使館、BBC本部、王立英国建築家協会が立ち並ぶ。 1875年、清朝の皇后だった西太后がこの場所のオフィスビルを購入した 現在は中国大使館となっている。

暴虐への 静かな抵抗 ― 法輪功ストーリー

20年以上にわたり、1億人の平穏な人々の信念を撲滅しようと、中国共産党は暴力的な迫害活動を続けてきた。 犠牲者たちは、真・善・忍を以て静かに抵抗してきた。 法輪功ストーリーを綴る。

1999年4月25日 — 中国を永遠に変えた出来事

法輪功修煉者による自発的で平穏な抗議は、実は迫害を点火するために中共幹部が操作したものだった。この日から中国全体が、文化大革命以上の暗黒の日々に突入することとなる。 この運命の日の真相は?

真善忍国際美術展 | 作品紹介

真善忍国際美術展は、精神修養の個人的な体験と社会的な人権の悲劇を同時に描写する、心の奥深くに触れる美術展。 写実的な油絵と中国の水彩画から構成され、心と体を修養する法輪功(法輪大法としても知られる)を深く洞察した独自の展示会であり、制作者のほとんどは中国人アーティスト。