160キロ離れると別世界

中国よりも正統な中国文化をどこで見つけることができるだろうか? 多くの人は台湾だと思うだろう。 1949年以来、中国は中国共産党が統治しているが、台湾は民主主義だ。 この違いのために、160キロしか離れていないのに、まったく別世界のようだ。 この違いは法輪功への態度に顕著に現れている。

中国で45人の法輪功修煉者がさらに死亡

数千万人の法輪功を修める人々は、今日も、不当に拘束・拷問され、死亡するリスクにさらされている。 2019年前半だけで、法輪功への信念を棄却しなかったために迫害され命を失った者は45名と記録された。 実名が判明している事例にすぎない。 犠牲者の一部を紹介する…

法輪功:ありのままを語る

[18 分]

この20年間、ジャーナリストがテレビやラジオで話しているのを聞いたことがあるかもしれない。 世界中で集会や平穏な抗議を見かけたことがあるかもしれない。 法輪功の修煉者とはどんな人たちなのか? 彼らの原動力は? 中共を暴露しようとする彼らの努力が我々にとって意味するものは?

中共の虚言: “邪教?”

[10 分]

1999年7月22日、法輪功が「カルト」として禁止されたと 多くのメディアが検証せずに報道しているが、 事実ではない。 1999年10月までこの言葉は使われていない。

法輪功の修煉

法輪大法(法輪功)は、世界で数百万人が生活の一部に採り入れている。 仏教の伝統に根ざした精神修養法で […]

許那さん ーー 行方不明

2020年7月19日、受賞アーティストでありこれまでも顕著な良心(無実)の囚人だった許那さんが、中国で逮捕された。三度目の逮捕だった。 現在 行方不明で安否不明である

高蓉蓉 — 迫害を示す顔の傷

高蓉蓉さんは中国瀋陽市の美術大学の37歳の会計士 だった。陽気な性格で輝く笑顔を振りまいていた。 しかし、全国的な法輪功弾圧運動のため、不当に拘束され拷問を受け、すべてが一変した。

中国で拉致され16年の実刑判決を受けた王治文の話

王治文は、1999年7月20日、法輪功の修煉者という理由で違法に拘束された。 法輪功を実践することは、一夜にして犯罪となった。王は、中国全域で逮捕の対象となった数千人の修煉者の一人 だった。 見せしめの裁判で、16年という長期間の実刑判決が下った。

暴虐への 静かな抵抗 ― 法輪功ストーリー

[2 分]

20年以上にわたり、1億人の平穏な人々の信念を撲滅しようと、中国共産党は暴力的な迫害活動を続けてきた。 犠牲者たちは、真・善・忍を以て静かに抵抗してきた。 法輪功ストーリーを綴る。

祝 法輪大法の日

[2 分]

法輪功は1992年5月13日に中国で最初に紹介されました。 このため、毎年5月13日は「法輪大法の日」として、法輪功の理念(真・善・忍)を心に刻み、法輪功がもたらした健康と内面の穏やかさに感謝する1日として祝福されています。

1999年4月25日 — 中国を永遠に変えた出来事

[1分]

法輪功修煉者による自発的で穏やかな抵抗は、実は迫害を点火するために中共幹部が操作したものだった。この日から中国全体が、文化大革命以上の暗黒の日々に突入することとなる。 この運命の日の真相は?

法輪功(法輪大法)とは何か?

[6 分]

「法輪功」は中国古来の佛家功の精神修煉法。 自己を修める方法、打座(瞑想)と4つの緩やかな気功から構成される。この独特の修煉方法が、健康とエネルギーを効果的に高める。