“天安門” での抗議

オーストラリア、メルボルンの屋根の配管工とその母親、そして元オリンピック選手が、北京の天安門広場の中心に滑り込んだ。中国共産党政権の下での法輪功への迫害・拷問に抗議する人々に加わったのだ。法輪功は佛家の伝統に根ざした精神修養法であり、修煉者は、真・善・忍の理念に沿って生きようとするために犯罪者として扱われている。

焼身自殺? | それともやらせ? (2001年)

2001年1月23日、天安門広場で5人が焼身自殺をはかったと報道された。 法輪功は社会に害を及ぼすとして中共メディアが利用し、その後、中共による迫害強化を可能にさせたこの事件を分析する。