勇気ある10年の歩み:エピソード1 ー 中国を永遠に変えた抗議

1999年、4月25日、1万人の法輪功修煉者が北京の陳情局に集まり、修煉者への嫌がらせ、法輪功書籍の発行制限、 違法に拘束された修煉者の釈放を求めた。 集まりは穏やかで秩序あるものだった。 中共はこの集まりに関して、メディアを通して法輪功が政府の中枢機関を「包囲」したと誤報させ、中国内外の法輪功が「政治的」であるというい概念を植え付けた。