高蓉蓉 ― 迫害を示す顔の傷

高蓉蓉さんは中国瀋陽市の美術大学の37歳の会計士 だった。陽気な性格で輝く笑顔を振りまいていた。 しかし、全国的な法輪功弾圧運動のため、不当に拘束され拷問を受け、すべてが一変した。

焼身自殺? | それともやらせ? (2001年)

2001年1月23日、天安門広場で5人が焼身自殺をはかったと報道された。 法輪功は社会に害を及ぼすとして中共メディアが利用し、その後、中共による迫害強化を可能にさせたこの事件を分析する。