法輪功(法輪大法)とは何か?

「法輪功」は中国古来の佛家功の精神修煉法。 自己を修める方法、打座(瞑想)と4つの緩やかな気功から構成される。この独特の修煉方法が、健康とエネルギーを効果的に高める。

暴虐への 静かな抵抗 ― 法輪功ストーリー

20年以上にわたり、1億人の平穏な人々の信念を撲滅しようと、中国共産党は暴力的な迫害活動を続けてきた。 犠牲者たちは、真・善・忍を以て静かに抵抗してきた。 法輪功ストーリーを綴る。

祝 法輪大法の日

法輪功は1992年5月13日に中国で最初に紹介されました。 このため、毎年5月13日は「法輪大法の日」として、法輪功の理念(真・善・忍)を心に刻み、法輪功がもたらした健康と内面の穏やかさに感謝する1日として祝福されています。

1999年4月25日 — 中国を永遠に変えた出来事

法輪功修煉者による自発的で平穏な抗議は、実は迫害を点火するために中共幹部が操作したものだった。この日から中国全体が、文化大革命以上の暗黒の日々に突入することとなる。 この運命の日の真相は?

臓器のための殺人

短編ドキュメンタリー| 中国の強制臓器収奪の疑惑は2006年に浮上。 以降、この疑惑を裏付けする証拠が山のように現れ、疑惑を遥かに超えた実態が明らかにされる。 Prisoners of conscience—especially Falun Gong—are being killed for their organs…良心の囚人(無実の人々)ー 特に法輪功学習者 ー が臓器のために殺害されている。