© 法輪大法情報センター| 2020年 | トレイラー

1999年春。 中国は変革していた。 古代の精神修養法がもたらした文化のルネッサンスが開花していた。健康で希望に満ちた中国の人々の未来が見えてきた。 この現象に対して中国共産党は分裂し、調査・推奨・批判が入り混じっていた。

そして4月25日を迎える。

法輪功修煉者による自発的で平穏な抗議は、実は迫害を点火するために中共幹部が操作したものだった。この日から中国全体が、文化大革命以上の暗黒の日々に突入することとなる。

この運命の日の真相は?

もっと読む

関連動画を見る