天安門事件の10年後、1万人の法輪功修煉者が、中国政権の中枢「中南海」に静かに集まった。 北京の国家信訪局(陳情局)に対する集まりで、天津で不当に逮捕された修煉者、法輪功書籍の発禁、 全国の修煉者が警官から嫌がらせを受け調査されていることに対しての陳情が目的だった。

彼らは朱鎔基総理と面談し、逮捕されていた修煉者は釈放された。 陳情は成功したように思われた。 しかし、現実には、過酷な弾圧の始まる日が迫ってきていた。