陳剛の体験談。 北京の団河労動教養所で18ヶ月間拷問を受けた法輪功修煉者。

「労働教養所にいたときは、1日4時間も睡眠をとることは許されませんでした。 2000年9月には、日中、過酷な労働をさせられるか肉体的な拷問を受け、夜は15日間連続で睡眠を剥奪されました。 2000年10月のある日、石(シ)という苗字の警察官に、腕、首、頭、背中の大部分に継続的に電気棒を当てられ、ひどい火傷を負いました」

記事全文:
faluninfo.net/chen-gong-forced-transformation-in-chinese-prison/