エンジェルさんの体験。 中国で無実の囚人だった法輪功修煉者。 現在、中国共産党により隠蔽された血生臭い法輪功修煉者への迫害を暴露することを、自己の使命とする。 2001年、警察はエンジェルさんを職場から違法に連行した。

「『再教育施設』に送り込まれました」。つまり、洗脳センターである。 「彼らは私を『転向』させようとしました。 私は木くずではありません。 自分の考えを持っています」と語るエンジェルさんは、どんな心理的圧力にも揺らぐことなく、自己の信念を守り続けた。

記事全文: 「看守に採血されました」―中国の拘置所での悪夢を振り返る法輪功修煉者