数字は象徴であり、あらゆることを意味する。 同時に仮面のように事実を覆い隠す。 10年にわたり、中国政権による拷問のため死亡した法輪功修煉者4000人以上の名前が収集された。 しかし、迫害が始まってから、いったい何人が行方不明になったのか? 中国での臓器移植産業ブームとどのような関係があるのだろうか? 真実は未だに解明されていないが、証拠からおぞましい結論が導き出されている。新中国に関するこの事実に世界は目をつむっている。 「行方不明になった人々はどうなったのか?」を探るNTDテレビによる独自の調査。