© Glorious Wisdom | カナダ | 2019年 | 52分 | ドキュメンタリー

本映像は有料です。配給の合意に準じて制作者に直接支払われます。 本映像やこちらのサイトに掲載された他の有料映像に関しては、法輪大法情報センターが金銭の受領・取扱をすることは一切ありません。 「法輪大法情報センター」制作の映像は全て無料です。

『偽りの儒教』は、中国政府が数十億ドルを投入する孔子学院の実態とそれを取り巻く論争を暴露する初のドキュメンタリー。孔子学院は、世界1600校以上の大学や教育機関と提携し、中国語の教育課程を提供している。 『偽りの儒教』は、中国政府が数十億ドルを投入する孔子学院の実態とそれを取り巻く論争を暴露する初のドキュメンタリー。孔子学院は、世界1600校以上の大学や教育機関と提携し、中国語の教育課程を提供している。 中国政府が数十億ドルを投入する孔子学院を取り巻く世界的に高まる論争。孔子学院は、世界1600校以上の大学や教育機関と提携し、中国語の教育課程を提供している。

孔子学院の元教員、ソニア・ジャオの個人的な体験を追う。彼女の亡命が北米の大学での最初の孔子学院閉鎖につながり、さらにはカナダ最大の教育委員会、トロント地区教育委員会で、世界最大の孔子学院開設の計画に反対する前代未聞の大抗議へと至る。このドキュメンタリーでは、孔子学院が社会に及ぼす危険性ーー誠実な学術研究が失われ、人権規範を侵害し、国外権力の影響を受け、国家安全を侵害する可能性ーーを追究していく。 ミス・ワールド・カナダ代表のアナスタシア・リンが、現場を再現。

『偽りの儒教』は、国際的な数多くの賞の受賞・候補作品。英国、オーストラリア、デンマークの各議会、ハーバード大学などの大学構内など、これまで5大陸15カ国で上映(2019年現在)。