• 1990年代を通して、中国の高官は「法輪功は健康増進に良い」と称賛してきた。
  • 法輪功が急速に広がり、中国政府から独立していたため、当時の中国共産党の党首が法輪功撲滅を発令した。
  • 迫害運動を正当化し批判をかわすために、迫害開始から数カ月後に中国の幹部が法輪功に「カルト」の烙印を押した。
  • 欧米の学者や人権擁護団体は、この「カルト」の烙印は政治的に利用されており、迫害に拍車をかけるための虚偽のレッテルだと見解している。

1999年7月22日、「法輪功は “カルト”として禁止された」と多くの新聞が検証せずに報道しているが、 事実ではない。 1999年の10月までこの言葉は使われていない。

測定に基づく分析、調査結果、神学上の討議 から帰結して適用された言葉ではなかった。 宗教学、社会学、心理学の専門家が導き出したわけではない。 中国政府の合意があったわけでもない。

特定の個人が策定した政治的な動きだった。 中国共産党の江沢民党首である。 1999年11月9日付ワシントン・ポスト紙は、「江沢民が法輪功に『カルト』の烙印を押すように命令し、『邪教禁止令』の制定を要求した」と報道している。

もっと読む >