© 神韻芸術団 | 2017年 | インタビュー

世界有数のバイオリン奏者フィオナ・ジェンは、ニューヨークの神韻芸術団に入団する以前、中国共産党政権による迫害の中で育った。 12歳の時、警官が家に押し入り荒らされた。家族が穏やかな修煉法である法輪功を修めていたからだ。 母はまもなく亡くなった。 ジェンはこの悲劇を乗り越え、音楽への躍動力に変えていった。 史上でも最も難しいとされる曲目を、世界の観客のために、力強く魂を高めていくかのように演奏する。