© ETAC | 2017年 | 40分 | インタビュー

著名なデービッド・キルガー元カナダ国務大臣への個人的な独占インタビュー

中国での臓器移植問題は、2006年3月の告発者を通して表面化した。 これに応えて、デービッド・キルガー氏とデービッド・マタス氏が独立調査を開始する。 彼らとは別に、調査ジャーナリストのイーサン・ガットマン氏も7年越しの調査を進めた。 そして同様の結論に達した。 2016年、三人の調査者が協力し、中国全域で数百件の移植病院の活動に関する一次資料調査を査定。 メディア報道、公的な発表、医学雑誌、病院のサイト、ウェブサイトのアーカイブから集めた資料から、中国の移植産業は、臓器提供制度は欠如しているにも関わらず、ここ数年で世界最大の手術件数をこなしていることが明るみとなった。

論点 | ここ10年以上、中国政権は良心(無実)の囚人 を殺害し、大規模で利潤の高い臓器移植産業に供給してきたという報告が数々上がってきている。 中国の一次情報源から新たな証拠と数値が発掘され、臓器移植濫用の規模と本質が浮き彫りにされた。

2016年6月22日、これまで評価されてきた3人の独立調査者が、国家が駆動する臓器移植産業を明示した 680ページの報告書を発表した。 実際の臓器移植件数は、中国発表値の10倍と推定され、処刑された死刑囚と自発的ドナーからでは臓器源の説明はつかない。

中国の臓器狩りは、世界のメディアの注目を浴びるようになった。米国議会、英国議会、欧州議会で公聴会が行われてきた。 米下院議会と欧州議会では、臓器狩りを譴責する決議案が通過した。

Copyright © 2017年 ETAC(中国での臓器移植濫用停止 国際ネットワーク) 無断転載・転用禁止
An NTD Nordic / Coalition Pictures production